頻尿とはどのようなものなのか?過活動膀胱などの理由あり

頻尿とは、尿を出す回数が多いことを指します。排尿障害の中でも特に多くの人が悩んでいることだと思います。成人の1日の排尿の回数は4回から8回ぐらいが平均的だと言われていて、10回以上の排尿が頻尿の目安とされています。

 

 

ただし、人によって膀胱のサイズが違うためにもともとトイレの回数が多かったり、お酒やコーヒーなど利尿作用の強いものを摂取した場合には多くなってしまうこともあるので、それは頻尿とは言えません。

 

 

頻尿の原因には以下のようなものがあります。

 

 

<過活動膀胱>

過活動膀胱とは、尿が十分に膀胱に溜まっていないにも関わらず、膀胱が勝手に萎縮してしまう病気です。突然強い尿意を感じ、我慢できなくなります。場合によってはトイレまで我慢できずに漏らしてしまう(尿失禁)こともあります。

 

 

40歳以上の男女の8人に1人が過活動膀胱の症状を持っていて、日本では800万人以上の患者がいるようです。過活動膀胱には神経因性が原因のものと、それ以外の原因で起こる非神経因性のものがあります。

 

 

神経因性とは脳卒中やパーキンソン病、脊髄損傷などによって脳と膀胱の間の神経に障害が起こり、連携がうまく行かなくなることで起こるものです。一方非神経因性は、加齢などが原因となったり、原因不明で特定できないものもあります。

 

 

<前立腺肥大>

前立腺とは男性特有の臓器で、男性ホルモンなどの影響によってそれが肥大することを前立腺肥大といいます。それにより尿道を圧迫して、頻尿を始め残尿感や勢いがなく、排尿に時間がかかってしまったりします。

 

 

年齢が上がるごとに増加する病気で、60歳の男性の2人に1人にその症状が認められます。この前立腺肥大によって困りごとや合併症などがある場合はまず、薬物治療からはじめて改善が見られない場合は手術となります。

 

 

<膀胱炎・膀胱がん>

膀胱炎は細菌に感染したりして起こる、膀胱の炎症です。尿道の短い女性に起こりやすく、ストレスや疲労などで免疫力が低下している時になりやすいです。排尿の際に痛みを感じ、場合によっては尿が白く濁ったり、血が混じることもあります。

 

 

そして男性に多いのが膀胱がんで、70歳代の方が最も多い病気です。特に喫煙されている方の発症率が高いです。ご高齢の方で血尿が出たり、頻尿の場合は早めに受診して下さい。

 

 

<ストレス・不安感>

尿道や膀胱などに特に異常が無いにも関わらず排尿回数が多い場合は心因性の頻尿である可能性が高いです。試験などで緊張してトイレが近くなるという経験をしている人は多いと思いますが、常にストレスや不安感を感じている人は頻尿になってしまいます。

 

 

またトイレに行きたくなってしまったらどうしよう…と意識しすぎるのも頻尿に繋がります。これは心理的なものなので寝ている間には見られないのが特徴です。収まらない場合は心療内科や精神科の受診を受けましょう。

 

 

<寒さ>

寒いと何故だかトイレが近くなってしまいますよね。その原因は汗をかかないからかわりに尿として水分が排出されるということもありますが、寒くなって膀胱の弾力性が低くなって尿を溜められないということもあります。

 

 

特に冷え性体質の人は汗をあまりかかない上に季節を問わず身体が冷えて、もちろん膀胱の収縮性が低いために、年中トイレが近い状態になってしまっています。意識的に身体を温めたり、運動などをして代謝を上げましょう。