誰でも年齢を重ねるごとに出てくる悪臭といえば「加齢臭」

 

「加齢臭」と聞くと、中高年の男性を想像してしまうのは私だけでしょうか?

 

 

「加齢臭」は、自分では気づいていなくても周囲にいる人には嫌な感じ・嫌な気分を与えることもあるもの。特に、通勤時の満員電車内やデパートのエスカレーターの中などに加齢臭を漂わせた方が一人でもいると、その空間にいる人すべてが不快感に襲われてしまう危険もあり困りもの。

 

 

この「加齢臭」
びっくりしたことに、自身で自分の異臭に気づいている人は意外にも少なく、ほとんどの方が自身のにおい(悪臭)には気付けていないよう。
その理由は、臭いへの慣れ。

 

 

自身の体から発する臭いは、いくら悪臭であったとしてもいつも感じているもの。
どんなに臭くても、そんな臭いを嗅ぎ慣れてしまった本人は全く気付かなくなるものなのです。

 

 

例えば、友達の家にあなたが遊びに行った時の事を思い出してみてください。 
玄関を開けて室内にお邪魔しようとしたところ、その家独特の何とも言えない臭いを感じた事はありませんか?ですが、家主である友人は全く気にしていない様子。
そして自分自身も、しばらくその家で過ごすことで、最初に感じた臭いの違和感はなくなり、全く気にならなくなる。
こんな経験をされた事がある方は多いのでは。
これこそが、嗅覚の慣れ。 自身の加齢臭をも気づけなくしてしまう原因なのです。

 

 

「自身の加齢臭は自分では気づけない」
と分かった所で、今の自分は、はたして大丈夫なのだろうか・・・
と心配になった方もみえると思います。(私も、実際この記事を書いていて心配になってきました)

 

 

加齢臭の原因は、10年ほど前に某化粧品会社の研究により発見された「ノネナール」という物質。
この「ノネナール」という物質は、加齢により血中に出てくる老廃物質、脂肪酸の一種とも言われるもの。

 

 

特に男性は、40歳を過ぎたころからこの「ノネナール」という老廃物質が出やすくなり、体内(血中)で増えるため「加齢臭」へと繋がります。
実は、この臭いの元ともなる「ノネナール」を抑制する物質は「ノネナール」同様、体内には存在しています。 ですが、40歳を過ぎるとその働きも弱まっていくため、加齢臭が強くなり周囲の人への影響を与えることになってしまうのです。

 

 

そんな「加齢臭」 
防ぐためにはどんな対策をしたら良い??
一般的な考えとして、臭いを防ぐのだから、毎日お風呂に入り体を常に清潔にしていれば予防できるのでは。と、思いがちですが、加齢臭の場合はそれだけでは臭いを防ぐのは難しいよう。

 

 

もちろん、石鹸できれいに汗やホコリを洗い落とせば一時的な臭いの軽減には効果が期待できますが、「ノネナール」は 先ほども言いましたが 『血中に出てくる老廃物』 いくら体の表面を綺麗にしても体内から出てくるものを防がない限り、効果は長続きしません。

 

 

そんな、洗っても洗っても防ぐことが難しい加齢臭。
加齢臭は、諦める事しか出来ない? と心配になった方!
加齢臭に効果が期待できる成分がありますよ! それが「ノコギリヤシ」

 

 

「ノコギリヤシ」は、男性のホルモンバランスを整え抑制する働きがあるもの。
加齢臭は、老化とともに男性ホルモンの分泌が増えることも原因の一つと考えられています。
男性ホルモンの分泌を抑制できれば、加齢臭だけでなく「前立腺系症状」や「抜け毛・薄毛」予防・対策としての効果も期待でき、一石二鳥。

 

 

加齢臭は自分で気づいていないだけで、すでに自分も放っている可能性があるもの。
周囲の人に嫌がられる前に、早め・早めの対策をしてみませんか?